So-net無料ブログ作成
検索選択

特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母(産経新聞)

【裁判員 京都地裁】

 3人の娘の点滴に水道水などを混入し死亡させたなどとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)=岐阜県関市=の裁判員裁判の第5回公判が14日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。弁護側の被告人質問があり、高木被告は混入の動機について「子供の存在は、私の一部。特別な子供を看病する母親として、特別な存在と周囲から見られることに居心地のよさを感じていた」と声を詰まらせながら話した。

 「子供が苦しんでいる姿を見たかったのか」という弁護側の問いに対し、高木被告は「苦しんでいる姿を見たいのではなく、特別な子供であると目をかけてもらうことを望んでいた」と説明。

 その上で「入院中は、日常生活を離れ、24時間子供と濃密な時間を過ごせて心地よかった。風邪とか、よくある病気ではなくて、『この子はちょっと見なきゃな』と医師に思ってもらえるだけでよかった」と述べた。

 代理ミュンヒハウゼン症候群の精神状態については「あてはまる部分もある」と答えた。四女が死亡したことについて「生きることも死ぬことも許されないと思った。四女が苦しんでいるところを今でも鮮明に覚えている。あの子たちがどんなに苦しんでいたのかということを私が一番分かっている」と涙声で訴えかけるように話した。

【関連記事】
点滴混入事件 難解用語、長丁場の審理…制度本格化へ試金石
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判
医学用語を裁判員にどう説明? 京都の点滴混入で5月に集中審理

物品の相互提供、日豪ACSA署名(産経新聞)
<覚せい剤密輸>78歳 過去最高齢の密輸 成田空港(毎日新聞)
警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)
小沢氏、週明けにも再聴取 判例参考に共謀認定「政治家だけ特別なのか」(産経新聞)
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)


2010-05-21 10:46  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。