So-net無料ブログ作成
検索選択

今年度予想は2ケタ台の増収・増益−大洋薬品工業(医療介護CBニュース)

 大洋薬品工業は5月28日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。薬事法違反による業務停止処分を受けたことによる業績への影響について、同社の担当者は「処分の決定が期末の3月末だったこともあり、昨年度は軽微だった。今年度ははっきりとは分からない」としたものの、今年度から導入された新たな後発医薬品使用促進策に伴う調剤薬局からの受注の増加を見込み、今年度の売上高は523億円(前年度比11.5%増)を予想。営業利益69億円(16.8%増)、経常利益63億円(17.2%増)、純利益37億円(42.6%増)と2ケタ台の増益を見込んでいる。

 現在、同社が新薬メーカーから受託している長期収載品は313品目(54社)で、処分前の268品目(54社)から45品目増えた。5月に見送った後発品薬価基準収載については、次回の11月は収載する方向で検討中だという。

 昨年度の売上高は、469億円(前年度比11.5%増)。利益面では、工場などへの設備投資や営業面での人的投資により、営業利益59億円(2.5%減)、経常利益53億円(0.1%減)、純利益26億円(11.0%減)の減益だった。

■社長交代は9月末に
 同社の担当者によると、新谷重樹社長は組織革新のため、不祥事後に立ち上げた「再発防止委員会」で再発防止策をまとめる9月末をめどに退任の意向を示しているという。新谷社長は代表権のある会長に就任し、島田誠専務を社長に充てる見通しだ。


【関連記事】
5月薬価収載見送り、製造販売品目見直しへ―大洋薬品
大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益

殺人罪の適用認めず=裁判員裁判で初―傷害致死罪適用・水戸地裁(時事通信)
食べ放題したい料理、「寿司」「焼肉」が人気(Business Media 誠)
<在日米軍再編>普天間移設 鳩山首相、あす2度目の訪沖 知事らに政府方針説明(毎日新聞)
「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
<事業仕分け>厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言(毎日新聞)



特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母(産経新聞)

【裁判員 京都地裁】

 3人の娘の点滴に水道水などを混入し死亡させたなどとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)=岐阜県関市=の裁判員裁判の第5回公判が14日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。弁護側の被告人質問があり、高木被告は混入の動機について「子供の存在は、私の一部。特別な子供を看病する母親として、特別な存在と周囲から見られることに居心地のよさを感じていた」と声を詰まらせながら話した。

 「子供が苦しんでいる姿を見たかったのか」という弁護側の問いに対し、高木被告は「苦しんでいる姿を見たいのではなく、特別な子供であると目をかけてもらうことを望んでいた」と説明。

 その上で「入院中は、日常生活を離れ、24時間子供と濃密な時間を過ごせて心地よかった。風邪とか、よくある病気ではなくて、『この子はちょっと見なきゃな』と医師に思ってもらえるだけでよかった」と述べた。

 代理ミュンヒハウゼン症候群の精神状態については「あてはまる部分もある」と答えた。四女が死亡したことについて「生きることも死ぬことも許されないと思った。四女が苦しんでいるところを今でも鮮明に覚えている。あの子たちがどんなに苦しんでいたのかということを私が一番分かっている」と涙声で訴えかけるように話した。

【関連記事】
点滴混入事件 難解用語、長丁場の審理…制度本格化へ試金石
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判
医学用語を裁判員にどう説明? 京都の点滴混入で5月に集中審理

物品の相互提供、日豪ACSA署名(産経新聞)
<覚せい剤密輸>78歳 過去最高齢の密輸 成田空港(毎日新聞)
警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)
小沢氏、週明けにも再聴取 判例参考に共謀認定「政治家だけ特別なのか」(産経新聞)
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)



【from Editor】反骨の活力を伝えたい(産経新聞)

 「早稲田の大隈講堂で6月に公演するんですよ」

 東北学院大の下館和巳教授はほほえみながら切り出した。2年8カ月の東北総局勤務を終え、仙台を離れる直前のことだ。

 以前この欄で紹介したが、下館教授はシェークスピアの悲喜劇を東北地方の言葉と歴史を取り入れて演じる「劇団シェイクスピア・カンパニー」(仙台市)の主宰でもある。同劇団は平成5年の設立以来、宮城、東北各県、東京、エディンバラ(英国)などで公演し、シェークスピア劇の新たな魅力を発掘、東北の文化・歴史の奥深さも発信している。

 今回は早稲田大学校友会設立125周年の記念イベントとして「破無礼〜奥州幕末のハムレット」を上演するという。早大、シェークスピアといえば坪内逍遥。評論・小説・劇作家であり、シェークスピア翻訳の先駆者でもある。早稲田大学演劇博物館は、坪内の古希と「シェークスピヤ全集」の翻訳完成を記念して設立された。この“聖地”ともいえる場所での公演に「坪内逍遥がいなければ今日の日本のシェイクスピアはないといえます(同劇団HP)」と敬意を表する教授。目を輝かせて話す表情には、“これまでの活動が認められた”という達成感も感じられた。

 また新作「蝦夷オセロ」の脚本を書き上げたことも知らされた。上演には人種的偏見の問題克服がカギとなったらしいが、共同脚本構想の作家、丸山修身氏は同劇団会報誌で「逃げていては駄目だ、むしろ正面から立ち向かわねば」と述懐。そして「東北の歴史と風土を踏み台にして、(中略)まったく新しい姿で舞台が展開するだろう」と結んでいる。この常に挑戦し続ける活動には、演劇界に一石を投じて中央に影響を与えようとする意欲が伝わってくる。

 東北総局勤務時には、地元政財界などさまざまなジャンルの方と交流を持ったが、みんな口をそろえて「地方からの活性化」「中央へのアピール」を真剣に訴えていた。下館教授と同じように“地方から変える”“中央だけには任せていられない”という思いがみなぎり、地方特有の「反骨の活力」にあふれていた。

 本社勤務1カ月余り…熱く語っていた彼らの姿が目に浮かぶ。先行き不透明な時代、地方だからこそ「変革への思い」も強い。暗いニュースばかりの昨今、地方の挑戦する姿を掘り起こして、読者に活力を届けたい。(地方部長 楠崎正人)

普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
取調室の机に覚せい剤隠す=10カ月後に発見、男を逮捕−兵庫県警(時事通信)
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明(産経新聞)
首相動静(5月12日)(時事通信)
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。